運輸安全マネジメント

はじめに

日頃より当社をご利用いただきまして、誠にありがとうございます。
今般当社はお客様の輸送の安全を第一に考え、絶えず輸送の安全性の向上に努めるべく、経営トップから全事務員、乗務員に至るまで全社員が一丸となって運輸安全マネジメントを導入・実施する運びとなりました。
全社員が『お客様の安全確保を何よりも優先して考え、行動する』という意識をしっかり持って取り組んでまいりますので、今後も引き続きご愛顧賜りますようよろしくお願い申し上げます。また私は以下の項目を遵守することを誓います。

平成24年7月吉日
岩佐雅史

当社の基本方針

『お客様の安全確保を何よりも優先して考え、行動する』

当社の取り組み

平成31年度輸送の安全に関する目標の設定及び計画の作成

乗務員目標
死亡事故・重大事故 0件
車内事故(扉開閉時を含む) 0件
車外・物損事故(軽微なものを含む。バック事故・車庫内での事故は含まず) 3件以下
バック事故 7件以下
車庫内および車庫出入り中の事故 0件
前年度バック事故惹起者 6名→0名
年度内複数回事故惹起者 0名
日常点検不備による運行トラブル 0件
年間無事故表彰者 10名以上
ヒヤリハット情報の提供 各乗務員毎月6件以上
健康問題起因による運行トラブル 0件
明らかな運転マナー違反による苦情 0件
対策
乗務前日は極力睡眠をよく取る
乗務中は譲り合いの気持ちを持って、決してイライラしない
車間距離をしっかり取ってスピードを出し過ぎない
急発進・急ブレーキ・急ハンドルを行なわない
駐車場等バックする際は人やモノが何かしら存在するものだと認識した上で、より慎重に運転する
お客様にシートベルト着用のアナウンスかつ着用の目視確認、および乗降口の注意喚起を確実に行い、車内事故防止に努める
毎日運行前・運行後の車両点検を確実に行う
日々の健康管理に努める
日々防衛運転に努める
事務員目標
異常気象、道路状況悪化等による運行トラブルの発生 0件
運行指示不足による運行トラブル 0件
ヒヤリハット情報の収集 年間1500件以上
日常点検不備による運行トラブル 0件
出勤時のアルコールチェックによる飲酒判明 0件
健康問題起因による運行トラブル 0件
対策
整備管理者が主体となって、定期点検や日常の点検を徹底して行う
車両故障が生じた場合は、その原因を突き止め、同じ箇所の故障トラブルを防ぐ
常に天候状態・路面状態・経路の状況を把握し、例えば降雪時には早めにタイヤチェーンの装着を乗務員に指示するなど迅速・的確な判断をする
日頃から乗務員とよくコミュニケーションを取り、乗務員が情報提供しやすい雰囲気作りに努める
緊急事態発生時には事務員全員が協力して関係各所へ的確かつ速やかに連絡し、指示を受け、その旨を速やかに乗務員に伝える
日々の業務においてクライアントと密に連絡を取り合い、乗務員が確実に運行を遂行できるよう的確にフォローする
役員および運行管理者、補助者自ら飲酒に対して強い意識を持ち、乗務員の模範となるべく日々率先してアルコールチェックを受ける
ヒヤリハット情報をもとにハザードマップを作成し、乗務員にフィードバックを行い事故防止に努める
点呼を確実に実施する

目標の達成状況

平成30年度(平成30年4月〜平成31年3月)目標の達成状況ご報告

乗務員目標
死亡事故・重大事故 目標0件 結果0件
車内事故 目標1件以下 結果1件
車外事故 目標0件 結果0件
物損事故(軽微なものを含む) 目標10件以下 うちバック事故4件以下
結果18件 うちバック事故13件
車庫内および車庫出入り中の事故 目標0件 結果2件
前年度物損事故惹起者15名→目標6名 結果5名
前年度バック事故惹起者4名→目標0名 結果1名
日常点検不備による運行トラブル 目標0件 結果0件
年間無事故表彰者 目標8名以上 結果8名
ヒヤリハット情報の提供 目標各乗務員毎月5件以上 結果全乗務員達成
運行中のスマートフォン等操作によるクレーム 目標0件 結果0件
健康問題起因による運行トラブル 目標0件 結果0件
交通違反 目標0件 結果0件
事務員目標
異常気象、道路状況悪化等による運行トラブルの発生 目標0件 結果0件
運行指示不足による運行トラブル 目標0件 結果0件
ヒヤリハット情報の収集 目標年間1400件以上 結果1356件
前年度のヒヤリハット情報の目標未達成乗務員4名→目標0名 結果0名
日常点検不備による運行トラブル 目標0件 結果0件
出勤時のアルコールチェックによる飲酒判明 目標0件 結果0件
健康問題起因による運行トラブル 目標0件 結果0件
総括
今年度は昨年度に比べ物損事故の件数は減少したが、相変わらずバック事故の件数が減少に転じない。バック事故惹起者の大半がバックカメラを備え付けたバスにも関わらず事故を起こしており、当事者を交えた再発防止会議の場において、改めてカメラをしっかり活用するよう指導を行ってきた。
その一方で年間無事故表彰対象者が目標の8名に達したことは非常に喜ばしいかぎりであり、次年度はさらに対象者が増えることを期待している。
また重要視しているヒヤリハット情報の提供数は今年度も増加しており、運行管理者側からの呼びかけもさることながら、乗務員側も主体的に提出してくれるようになってきていることは良い傾向である。
ここにきてこれまでの運輸安全マネジメントの取り組みが少しずつではあるが実を結びつつあると手ごたえを感じている。
次年度はさらに安全への意識を高め、全社員一丸となって目標を達成できるよう取り組んでいきたい。

自動車事故報告規則第2条に規定する事故

(転覆、転落、火災、踏切事故や死傷者が生じるなどした重大事故)に関する統計
平成30年度・・・0件

・過去の目標達成状況についてはコチラから